社畜の夫が脱サラ起業した&なぎくんの育児日記

地方都市在住、30代半ばの夫婦と保育園児の息子の日記です。ブログ開始の一年半前に、夫が脱サラ起業しました。突然の運送業。突然の単身赴任。果たして仕事と家庭はうまくいくのか。。。生暖かく見守っていただけますと幸いです。

イマジナリーフレンド?なぎくん2歳の頃からの友達「コイコイ」とは【なぎくんの育児日記7】

なぎくんは、霊感少年的なところがあります。

 

3歳のころ。進級したばかりの保育園の教室の窓から見える、古い団地の一角を指差して大泣きするのが連日続いたり。

 

先生との連絡帳にも、その件について書かれた日がありました(写真は先生からのメッセージ)。


f:id:hito555:20190821213424j:image

 

少し前に交通事故で女の子がなくなった路地に向かって「おかあさん、どうしてあそこの女の子、いつも挟まって(?)るの」と言い……それを私の実家の母に相談したら母が無言で息子に塩をふりかける(!!)というようなエピソードがいくつかあります。


また、なぎくんは不思議ちゃんなところも。

 

3歳の頃の豆まきの時に「頑張って、鬼は外~って豆を投げるんだよ!」と言ったら……

 

鬼は宇宙人と一緒にいるから来ないよ。僕が好きな恐竜はね、エサを食べないと死んじゃうから宇宙人と行けなかったんだ」

 

……とワンダーな返事が。さらに最近も。

 

「宇宙人は月の中にいるんだよ」

 

……なんなん!?

 

そして、3歳の頃までは体内記憶まであったり。

 

友人の妹さんの子どもが生まれた際に「お腹が居心地良かったのかな」のようなニュアンスの事を言ったら。

 

「僕は、暗いし一人だからお腹の中はいやだったけどなあ。」

 

生まれる前を覚えているのか聞いたら、そのときは覚えていると言っていましたが、以降はもう忘れたと言っています。あんまり聞くから面倒になったのかな……

 

つか、お腹の中いやだったんかい!


そんな彼は、一歳の終わり頃から「コイコイ」という友達が居ると定期的に言います。

四歳になった今も。

 

はじめはさらっと対応していたのですが、興味本意で「コイコイってどんな感じなの?」と聞いたら……

 

「おかあさんはコイコイのこと、あんまり言わない方がいいよ。コイコイ、そういうの怒るから……」

 

こっっわっ!!

 

ごっつう怖い。どういうこと?

そしてあるとき、コイコイのこと、言うから絵を描いてと言われて描いたのがこちらのイラストです。


f:id:hito555:20190821213712j:image

 

見た目からロック!!

 

思った以上の見た目で、かなりひよりました。

 

そんな話を友人にしたら

「なぎくん、イマジナリーフレンドがいるんだね。うちの娘は居なかったけど……わりと一人っ子には多いらしいよ?」

 

イマジナリーフレンド??

 

イマジナリーフレンドと (児童単行本)

イマジナリーフレンドと (児童単行本)

 

 

 

当該の言葉を初めて聞いた私。
不安になって調べたところ、友人の言うとおり一人っ子や長子に多い空想の友人で、発達の過程で意味のある妄想なのだそう。

 

イマジネーションの高い子どもに多いという傾向があるそうです。

 

・・・

特撮好きの私としては、すぐ「烈車戦隊トッキュウジャー」が頭をよぎりました。

 

 

スーパー戦隊シリーズ 烈車戦隊トッキュウジャー VOL.12<完> [DVD]

スーパー戦隊シリーズ 烈車戦隊トッキュウジャー VOL.12<完> [DVD]

 

 

 

トッキュウジャーの掛け声といえば「勝利のイマジネーション!」。敬愛する脚本家・小林靖子さんの作品でも傑作中の傑作で、最終回に近くなる頃、主人公たちの【現在の姿】はあくまでイマジネーションの力で保たれている非実在のものであると判明します。

 

ネタバレを避けると上のような曖昧な説明になってしまうのですが、序盤からの伏線・謎の回収が秀逸です。主人公達はなぜ、記憶がないのか?……ぜひそのあたりはDVDでお確かめください。またとない設定だと思います。

 

・・・

 

さてはて、なぎくんのイマジナリーフレンドですが……

 

あの見た目で、そんなかわいい存在か?